カバラ数秘学、カバラカウンセリングに関する不定期更新のブログです!たまにスピリチュアルな話やカバラの秘密をぽろりと漏らすことがあるかも・・・。また体の秘密についてやボディワークや健康法なども書いていきます!

性質ってなに?

前回 個性の基は性質だと そしてそれを知る事で何がどうなのか? あなたにとってどう役立つことなのか? で終わりましたね ではそれは どんなときに思うのでしょうか? 人生に煮詰まったり 壁にぶち当たり負けた時や どうにもならなくて立ち止まったときなど うーん 重い (>_<) いかにも人生に止まると突然現れる アイデンティティへの強烈な確認要求 「私ってなに?」 「私ってだれ?」 「どこから来たの?」 みたいな話ですが 実際は日常的で 単純でシンプルです 自分自身がどのような色で どのような考え方で 何が好きで何が嫌いかみたいなものです これを知る事で得られるのは 自分の個性や性質の明確化だけではなく そこから発生する人間関係への アプローチの仕方なのです 例えば 《魂の性》がここでわかります 身近にいませんか? 男性なのに女性っぽい人 女性なのに男性っぽい人 それは《肉体の性》と《魂の性》が違っているからなのです これは恋愛において 重要なファクターの一つです 知っているかいないかでは 恋愛が先に進むか いずれは終わるかまで予想されます また 友人関係や職場の人間関係にも 適用されます 相性の良い人 苦手な人が何故あるのか? 雇用関係でももちろん同じ事です あなたの個性=性質が1から9 および11か22までの何か?で 人との結びつきが大いに影響するのです 仲が良いのは良いだけの組み合わせがあり その逆もまた同じなのです 恋愛や人間関係が下手な人は 自分の個性や性質に勘違いがあるか 全く分からないままで それに加えて相手のこともわかってない人です カバラ的に言えば 《個性》や《性

個性ってなに?

前回の記事 《カバラってなに?》 のなかで書かれてある 《個性》って一体何だろう?と 新たな疑問が湧いてきた方が 多いと思います そもそも個性ってなんでしょうね 分かっていて分からないものですよね 大抵は 何時の頃からが 親や周りの人から 勝手につけられた 《色》とでも言えるものです または長じる過程の中で 他人との違いの中で 言われたり自覚したりして 気づくものです これを親に言うと 「俺に似たから」 「とんでもない私に似ているから」 等とそれぞれが主張するでしょうが ではその親御さんの自分を示すものは 一体何なのでしょうか? とてもあいまいな話ですよね(笑) 誰も明確に表せず あいまいなまま 個性と言われ 集団に馴染まないもの そぐわないものの言い方 として使われることもあります 「君は良い意味でも悪い意味でも個性的だな」とね 才能が評価されれば 個性は正義となりもてはやされる 才能が無いと見下されれば 阻害要因だと舌打ちされる それって 誰かが書いたシナリオ通りのものではないだろうか? では個性と性質の意味を検索すると 「個性とは個人や個体の持つ それ特有の性質・特徴」 「性質とは持って生まれたもの 備わっているもの」 と書かれてあります では 何があなたの特有の性質・特徴なのでしょうか? 何があなたの持って生まれたものなのでしょうか? それを カバラ数秘学ではきちんと紐解くことが出来ます では それがあなたの何の役に立つのでしょうか? それがあなたの何を意味するのでしょうか? 次回はそこから書いてみようと思います 待ちきれない人は 実際にカバラカウンセリングを受けてみて

だからカバラってなに?

前回に次のようなものと 説明させて頂きました 「カバラは数秘学の名前や意味じゃなくて 数秘学を伝承して来た事がカバラである」と では伝承されて来た《秘数学》とは 一体なんなのでしょうか? いまのところ 数秘学を一言で表すものはありません あくまでも数学なので どのような数式があり どのような答えが導かれるのか?が 秘数学としての説明になります どのような数式かは 巷で言うところの バースディナンバーを 使って説明して見ますと 次の様なものです 1989年7月7日生まれの場合 1+9+8+9+7+7=41 ここから2つの数字に分けて足します 4+1=5という風に単数にします その中でのお約束として *11と22と33はそのまま扱いとします これはいくつかある計算式の1つで これが全てではありません 次はこの数式から得られるものについて 話をしましょう 基本としては 《性質》《生き方》《目標》を 教えてくれる《パーソナルナンバー》 と言うのがあります 私どもでは《パーソナル学》としています そしてそれ以外では 別の《運命学》と言うものがあります 例えば 先ほどのバースディナンバーとは 私どものカバラ数秘学では 《現在数》とも《リアルナンバー》とも言い あなたの人生の《生き方》を教えてくれます 親ですら知らないあなたの生き方を 示しているデータなのです どの様な生き方が良いのか? どの様な生き方が自分らしいのか? それに見合う仕事や職種は? あなたの3つある パーソナルデータの1つです 実際のカウンセリングでは あなたのパーソナルデータだけではなく ライフナンバーがより深く 明確に加

ところでカバラってなに?

カバラってなに? ってよく聞かれます カバラ数秘学と言う言葉が 独特の響きを持っているので それが何なのか?と つい思ってしまうものです 私は当事者ですから 慣れてしまってますが 今日はここから説明してみましょう そもそも カバラ = 数秘学ではなくて カバラ = 伝承と言う意味です 言葉は数秘学そのものを表していません ウキペディアによると 「ある集団の中で古くからある 慣習や風俗、信仰、技術や知識などを 受け継いで後世に伝えていくこと もしくはそのように伝えられた事柄」 この後半に書かれてある 伝えられた事柄が《数秘学》であり それを伝承してきたから《カバラ》なんですね では《数秘学》とは? となりますよね 数秘学とは一言で表すような 明確な言葉は 残念ながらありません やはり そういってもあくまでも《数学》なので どんな数式を使い どんな答えが出るものなのか? と考えると分かり易いです では次回は この部分について話をしましょう 待ちきれない方はお問合せの上で カバラカウンセリングを受けて下さいね(笑) https://www.rapportkobe.com/

エンパスとカバラ②

前回はエンパスの説明に 費やして実際のカバラ数秘学との 関係までは至りませんでしたね 今日はそこからです(笑) 周囲との 過敏までの同調性を持つのが エンパスの特徴です また人の肉体は 周波数が低いので 同調する周波数も低いものを拾いやすいのです それを磁石だと前回書きましたね この状態の人を カバラに当てはめると 霊数の《11・22・33》と 準霊数の《7・9》を持つ人が該当となります ※肉体的遺伝的霊的体質を除きます いわゆるエンパスとは 霊障を含む感覚過敏による体質問題 ともいえるもので 特殊な体質ともいえます なかでも最も該当する人は 《11》を持つ人たちです いわゆる波動を 受け入れようとする 取り込もうとする 性質を持つので 意識・無意識関係なく 周囲と絶えず同調します 神道で言う受霊(うけひ) 平たく言うと巫女=霊的体質というものです 《11》が受け入れるものが 良いものであればスピリチュアル 悪いものであれば霊的憑依 と考えて頂ければ何となく わかると思います でもそれは生まれ持った素養であって 磨かれては無いので 自分自身ではどうしようもできません だから 大抵はこの感受性に 振り回されます その結果で体調不良を 起こしやすくなるのです これが多くのエンパスたちが 体調不良になる原因なのです もちろん メンタルやマインドまでも 影響を受けます 人によって程度差はありますが 霊数《11》を持っている人は確実に この被害にあいます 感性感覚が優れている所以ですね でも一方で《11》は 優れた感性を生かし切れると 創作家=クリエーターになれます 優れた表現者にもなれ

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Basic Square

Copyright © ,SHINKI’S WORK PROJEcT All Rights Reserved.

神戸市中央区栄町通り3-1-7栄町ビルディング301
​070-2315-2115
  • Facebook Clean Grey
  • Instagram Clean Grey